0 ITEMS IN CART

カートの中身は空です
新着アイテムを見る
  1. PHILOSOPHY

PHILOSOPHY

よりピュアでエッセンシャルなプロダクト。
それが、時間と手間をかけてFARO(ファーロ)が求めるものです。
目に見えない細かな部分まで作りにこだわる。
贅を尽くすのではなく、質を研ぎ澄ますことで、
佇まいはより美しく映え、永く丁寧に使えるものになる。
モダンとは何かというテーマに真摯に向き合う。
クラシックを磨き上げ、時代に呼応させることで、
時間に磨耗されることのない洗練性を叶える。
本当に価値のあるものとして。
「Craftsmanship & Modernity」
ツールとしての本質を捉え、アクセサリーとしての美しさを追求する。
あなたの上質な日々を支える、大切なものであれますように。

"Products with essence"
The everlasting pursuit of FARO.

Caring to the minute details,
to where it may not even appear to your eyes.
The importance of essence over luxury.
This is what makes a product valuable overtime.

What is "Modern?"
The question to which FARO always comes back.
By refining the classic to blend with the modern,
FARO aims to present you
with products that will always be valuable to you.

Craftsmanship & Modernity
The pursuit of FARO to bring true essence
and refinement into its products.
With hope to enhance your days and be valuable to you always.
PHILOSPHY

PHILOSOPHY

よりピュアでエッセンシャルなプロダクト。
それが、時間と手間をかけてFARO(ファーロ)が求めるものです。
目に見えない細かな部分まで作りにこだわる。
贅を尽くすのではなく、質を研ぎ澄ますことで、佇まいはより美しく映え、永く丁寧に使えるものになる。
モダンとは何かというテーマに真摯に向き合う。
クラシックを磨き上げ、時代に呼応させることで、時間に磨耗されることのない洗練性を叶える。
本当に価値のあるものとして。
「Craftsmanship & Modernity」
ツールとしての本質を捉え、アクセサリーとしての美しさを追求する。
あなたの上質な日々を支える、大切なものであれますように。

"Products with essence"
The everlasting pursuit of FARO.

Caring to the minute details,
to where it may not even appear to your eyes.
The importance of essence over luxury.
This is what makes a product valuable overtime.

What is "Modern?"
The question to which FARO always comes back.
By refining the classic to blend with the modern,
FARO aims to present you with products that
will always be valuable to you.

Craftsmanship & Modernity
The pursuit of FARO to bring true essence
and refinement into its products.
With hope to enhance your days
and be valuable to you always.

PROUD of
CRAFTMAN
SHIP

PROUD of CRAFTMANSHIP

SPERIO:細やかな心配りと、良い素材

熟練した職人のみが行うことができる、高度な薄造りの技術は、
FARO(ファーロ)のアイデンティティーのひとつです。
革の厚みはわずか0.4mm。極限まですいたその革を
2枚貼り合わせています。
つまり1枚のパーツは1mm以下。
どちらも表面(銀面)になるため、
薄くても耐久性は損なわず、
佇まいは繊細かつ上品で美しい。
ジャケットなどの胸ポケットに
入れてもかさばらない、高次の用の美を実現させています。
すべてのパーツのコバをひとつひとつ丁寧に磨いているのもこだわりです。
外側も、もちろん内側も。普段は隠れて見えない部分だとしても、
妥協なく美しさにこだわる。
それは単なる飾り付けではなく、
製品のクオリティに直結するものだから。
これはすべての製品に通じるFARO(ファーロ)の信念なのです。
透明感のある最高級のカーフレザーは、水性の染料でじっくりと
時間をかけて
手揉みでなめす『水染め』の技法を使っているからこそ。
繊維のしっかり詰まった原皮でないと、この技法を使うことはできません。
ゆえに大量生産は不可能。ですが、合理性を求めたものではなく、
本質に真摯に向かうものにこそ、本当の価値は宿ると信じています。
これらはすべて日本の熟練した職人の手から生み出されています。

SPERIO:Care to the minute details
and pursuing the true essence
of each material

Each part of FARO's leather product is made from two ultra-thin layers of leather, skillfully trimmed by artisans. Each layer is 0.4 mm thick, meaning it would still be less than a millimeter thick when two are pasted together. The key is to paste each layer so the grain side shows on both sides. This two ultra-thin-layered structure helps to preserve stability while bringing about a delicate and elegant appearance to its products.

FARO cares to the minute details. For instance, the edge of every single leather used for its products is carefully polished. Not only where it appears to the eyes, but also where it does not, because FARO understands the importance of quality.

FARO's top quality Calfskin products are produced by water-dying, colors added carefully and skillfully to the raw materials. This technique is only usable for materials with fully-packed-fiber which are difficult to come by, meaning these Calfskin products are difficult to produce in mass quantity. The FARO brand is created with the shared belief among its artisan that true value is brought out by pursuing the true essence of each material.
PROUD of CRAFTMANSHIP PROUD of CRAFTMANSHIP
PROUD of CRAFTMANSHIP
PROUD of CRAFTMANSHIP

FABIO:細部へのこだわり。すべての調和。

真摯に製品を作っていると、いかにコバが重要かを知らされます。
近年では膨張剤を入れた塗料を使うことで簡易的に膨らみを
出しているものがあります。
確かに見た目は美しく仕上がりますが、
それでは使用しているうちにすぐにひび割れてしまいます。
FARO(ファーロ)が展開するイタリア製のバッグのコバは、
すべてが職人の手作業。
革断面を磨き、コバ塗料を塗布し、
乾燥させ、再び磨く。この作業を最低3回は繰り返します。
そのツヤは自然で透明感があり、経年変化にも強い。
美しさを長く楽しめる製品が出来上がります。
芯材にも妥協はありません。
産地やなめし方の違うそれぞれの革に、最も適した芯材を選び
使い分けています。
その作業を怠ると、いかに良い素材であっても
その魅力が損なわれてしまうからです。
芯材は一枚一枚手張り。
使用するのりにもこだわることで、革が必要以上に固くならず、
しなやかな手触りのまま自立するバッグが出来上がるのです。
ふっくらとした曲線を描くパーツ、細やかなステッチワーク、
そして素材。それらが渾然一体となっていなければ、
本当に使い心地のいいバッグは生まれないのです。

FABIO:The high-quality materials
and the craftsmanship

FARO understands the importance of finish coating through its relentless effort to produce its products by bringing out the best of the materials. Nowadays, leavening agent is used in coatings to give voluminous appearance to many leather products. However, by using such method, the surface soon becomes cracked. FARO is different. Its artisan give the finishing touches by hand to all its leather products by polishing and coating each edge, let them dry, and then going back to polishing. This process is repeated at least 3 times. This brings about a natural and clear appearance to the product, as well as enable its owner to enjoy using it for a long period.

FARO is also particular about choosing core materials. The decision-making of which core material to use for a certain-tanned leather to a certain-local leather is critical in producing fine products. Again, the core material and leather are glued by hand, the glue also carefully selected to match the trait of the materials to keep the product from becoming too rigid and maintain some softness to its texture.

The high-quality materials and the craftsmanship are the two most important resources of FARO's brand.
PROUD of CRAFTMANSHIP PROUD of CRAFTMANSHIP
PROUD of CRAFTMANSHIP
PROUD of CRAFTMANSHIP

ADRARE :演出するのではなく、滲み出るもの

世界と比べても遜色のない日本の熟練した職人技と細やかな心配りは、
FARO(ファーロ)にとって大きな財産といえます。
根気よく、丁寧に磨き上げられるコバは佇まいの上品さを引き出し、
さらには耐久性を向上させるという機能性も備えています。
厚みと弾力のある芯を入れたハンドルは、
手につかんだ時の安心感を与えるとともに、高級感を演出。
厚みを出しながらもこれだけ細かなステッチを入れられるのは、
まさに職人の心意気と業の成せるものです。
また、金具には
9金メッキを施すことで品のある控えめな贅沢さをまとわせています。
クラス感や贅沢さというのは無理に演出する物ではなく、
細部にこだわることで自然と滲み出るもの。
その結果として、シーンを選ばず、スタイルを選ばず、
時代が変わっても廃れない、本当の価値を持った物になるのです。

ADRARE :Caring to the minute details
and pursuing the importance
of essence

The Japanese artisan with world-class talent and delicate mindfulness typical of the Japanese plays an important roll in FARO's brand-making.

The carefully polished edges give an elegant appearance as well as increase durability of each product. The handles with solid and resilient core gives comfort to the customers and at the same time gives a luxurious appearance all together. The skill of being able to put such detailed stitches while giving volume to each section is nothing but impressive. Every metal fitting uses 9k gold-plating, which gives a not too showy, but a classy touch.

FARO believes true elegance and luxury are brought about by caring to the minute details and pursuing the importance of essence. By following this belief, FARO aims to create products that will be valuable at all scenes, and at all times.